リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2代目デビュー




新居へのお心遣いをいただくことが多いこの頃ですが
こちらのお花ミラーは
いつも素敵に心をくだいてくださる友人からのギフト。

柄の長い手鏡に、たっぷりこんもりと盛られたシルクフラワーにリボン♪

パウダールームを華やかに彩ってくれる以上に、
"手鏡" に ココロがすっくとする事情があり、
包みを開封した瞬間、ハッ!!とふるえました。

というのも
引越しをするたびに なにかが行方不明になる我が家。
今回は CDラックと手鏡だったのです。


手鏡は、どこにでもある ありふれたものでしたが、
持ったときの重さや厚み(薄み!?
大きさ、かたち,. すべてがしっくりきていて、
学生時代から使い続け、傍らにあることが 無意識に日常だったもの。

それが どの段ボールからも出てこなかったことは、
ぴかぴかのシンクや壁や床たちとの "心地" をつないでくれるものの不在を
日に日にたしかなものにしていました。
おおげさかもしれないけれど切実に。


その思いがギューっと濃縮されすぎていた矢先のできごと。
新しい住まいになじむプロセスには
住まう人の日々刻々だけでなく
こんな思いがけない サプライズな出会いもあるのですね。

楽しい友人知人達で 気軽に集い 時をつむぐ
あたたかな空間に育めたらと思ったひとときでした。

ありがとうございます。


スポンサーサイト

2010.09.12(Sun) | others | cm(0) | tb(0) |

初詣みたいなもの。
kabuki1001.jpg


今月は新橋演舞場にて『初春花形歌舞伎』を観賞しました。

歌舞伎は だいたい年に数回、大学生の頃からのメンバーで
飽きもせず観に行ってますが
初詣よろしく、1月はなんとなく定番なのです

今年は すこし前にメディアをにぎわせていたこともあり (!?)
例年以上に劇場もにぎやか。
足を運ぶきっかけとしてはいいことかなと

というのも 歌舞伎のおもしろさって一体何??ってよく聞かれるものの、
お伝えすることがなかなかむずかしく感じていたから。

歌舞伎の魅力には色々ありますが、1つに、
1回ごとの公演としての"点"というみどころばかりでなく
役者さんたちの成長(歳や芸etc 人生)や、
次世代へ受け継がれていく様、つまり "線" としての流れを、
同じ時代を生きていくなかで "見守っていける"感覚というのがあります。

だから、学生時代からぴーちくぱーちく言いながら
見守ってきた友人たちとの歌舞伎談議は ほとんど親戚のオバチャンノリ

その時々に 楽しめる要素が尽きないので
よぼよぼになっても お弁当片手に
歌舞伎座に通い集うのではないかと思ってます-


初春花形歌舞伎
2010年1月26日(火)まで 新橋演舞場にて 



2010.01.22(Fri) | others | cm(0) | tb(0) |

マイブック
mybook1.jpg


新潮社がだしている、『 マイブック 』 というのをご存知ですか。

新潮文庫とおなじ装丁で、
中身は 365日の日付のみ。
日記としても雑記帳としても手帳としても 自由につかえる一冊になっています。


カフェ (「Carte Blanche」) の立ち上げ以来、
3か月、半年先といった ちょっぴりの未来を 意識づける日常になり、
その時間的ワープを続けていたら、
"今" というカレンダーと ワタシ的年月感覚 とが、
わずかに ひとつに在れてない 気がしてきていて、
それを埋められるんじゃないかという 淡い予感と、
新潮文庫の、この変わらない装丁にも ハートをわしづかまれ、
それは 昨年のちょうどいまごろ、求めてしまった。

しかしー 家に帰ってハタと気づいたのだが、
ワタシはいわゆる日記を書かない。 というか、書けない(汗)。
むしろ 日記ってみんなどんなふうにつけてるんだろうというのが、
子どもの頃から疑問だった方なのだ。 
365日の日付がきっちり印刷されてるのが ひたひたと無言のプレッシャー。
1年間白紙で終わる危機を回避して そこはテキトウ帳として認定してみた。


そして その2009年も いよいよあと50日ほど。
テキトウ帳のゆくえも気になるし、最近はよくペラペラめくってみている。


最初の頃なんかは、
どこかの占いの○×をやったであろう痕跡の「正」の字がつらつら書いてあったり
なんでか ドン・ガバチョの似顔絵が描いてあったり(ソープで彫ろうとしてたらこわい
明らかに "テキトウ"の意味違いというか、使い方を自分的に把握してない感じ。

途中からは 日々の乱読で 日々のココロに残ったコトバが書きとめてあったり
調べた内容をまとめてたり、
テキトウな字でテキトウな内容でテキトウに余白が埋まってる。
パラパラと目にとまるページも、日によってさまざま。バロメーターのような。

今日のパラパラは
" Rewrite rules, retain values. "  
ブレない人でありたい。  これはいつも




2009.11.12(Thu) | others | cm(0) | tb(0) |

マスキングテープ
maskingtape2.jpg



はまりものの1つ。 マンスキングテープです

"マスキングテープ" というと
本来は ペンキなどの色塗りをする際に
塗られてほしくない部分を隠すための仮止めテープ。
なのですが~
さいきんは~ ぐぐーんと変化 !

中学生の頃 お手紙でコラージュしまくることに凝ってた身には
この貼ってはがせて また 貼って
上からは 文字も書ける 万能さ
シールのようなバリエーションにうっとりです。

ラッピングのアクセントにも、箱のコラージュにも
そして 付箋としても使えます (← これが便利)。

質感も ざわざわっとしていて なんだか ここちいい。
テープを びびーっ と ひっぱるときのかんじも ここちいい。

用もなく マスキングテープ を ぺたぺたとはる日々
まだまだ つづきそう~



2009.04.15(Wed) | others | cm(4) | tb(0) |

開かずの扉が開くとき
sauna
↑ これ。
我が家にいらしてくださった方の多くが、リビングの一角に鎮座ましましてる (!?)
この小部屋に、『 サウナ?? 』 と おっしゃいます。

イイトコついてるぅ~

これ 防音部屋なんです。 広さ 0.75畳。
最近はすっかり '開かずの扉' です。

先頃 この扉をおそるおそる開けてみたところ、
my サックスが 見事に錆びつき 金属がモロモロと剥がれ落ちてる !!
という
にわかリアルな夢をみてしまいました

ちょうど、吹かなきゃいけない事情があるのに ずるずると息をいれてなかった矢先。
しかも 夢の話題にも、あぁ さっぱり覚えてないものだわ~と
人の夢には大笑いしていたコノゴロ。

いざ 自分のって 笑えなくって 無意識下に押し込めてるコトだったりするから
ぎくーーっ としますね。
(だから寝言も言ってしまうのだろうか~)

と 開かずの扉はいまだ開かず ずるずると なのでした
手習いって 心がさそうものかなーと。
あぁ また 夢 見そう。

イイトコついてた この部屋。
実にふくざつな(?) イイアセかけます
ただし これからの季節は 15分ごとに退出することをおススメしますが。
体験したい方、 いらした際には どうぞお申し出ください (笑)。




2009.03.24(Tue) | others | cm(2) | tb(0) |

たくさん彫らせていただき ありがとうございました。
adventz1.jpg 生徒さん作 Adventskranz アドヴェンツクランツ
                             トロッケンゲビンデの素朴な味わいが出ています


先での ソープカービングによる X'mas Tree
思いがけずたくさん彫らせていただきました。

ソープのモミの木が 森のようにずらりと並んだ姿も なかなかかわいく
1本、また1本と お嫁入り。
再び1本きりになってしまった姿には
森林伐採後のような哀愁感さえただよいはじめたので
さらに仲間を彫って植林(?)してあげようかなと思ってます。来年(笑)。

お渡しさせていただいた方々、ありがとうございました。

繰り返し製作することは
上達の上で地道な近道だとあらためてココロに刻みました。

しかし。 実はこのTree。
肝心のカービングナイフは ほとんど出番がありません。
フルーツナイフで木の形にざっくり整えた後、
表面をつややかに整える・・だけ なのです。
では 何で彫っているか わかりましたでしょうか。。


ところで、クリスマスまであと1週間弱。
上の写真は 生徒さん作の "アドヴェンツクランツ" 。
初めてトライされたのにがんばってワイヤーワークされてました。

日本在住のドイツ人から、祖国と同じような伝統的な敬虔なスタイルで
クリスマスを迎えたいというリクエストがあり、
気持ちに動かされ レッスンをお受けしました。
「トロッケンゲビンデ」 という ドイツの室内装飾花です。
今回の主題は、忠実に トラディショナルに。
質素な雰囲気がもちあじ。

"アドヴェンツクランツ" についてのお話はまた。

クリスマス本来の意味を大切にしたいものだなぁと
ちょっぴり 学生時代も思い出します



2008.12.19(Fri) | others | cm(0) | tb(0) |

リンク先のご紹介
 cafe 『 Carte Blanche(カルト・ブランシュ) 』

◆◇◆ LINK @embellir.nikki ◆◇◆

blog内でご紹介した リンク先のうち
日頃お世話になっているゆかりの方々の おもなリンク先を まとめました。
HP作成着手がのびのびでー
(なお 掲載順といたしますが 順不同の場合 ご了承下さいませ。)
※このページは随時更新してまいります。('09.4.16 new ! )


cafe 『 Carte Blanche(カルト・ブランシュ) 』
  大阪の くずは という住宅街の中の ちいさなカフェ です。
  開店のプロデュース&デザインを担当いたしました。 いまは ときどき登場。


垣淵浩子さんの 南高梅ワールド
  梅の名産地みなべで、特別栽培の南高梅をていねいに作られています。
  野菜ソムリエとしても NHKの料理番組に出演されたりなどご活躍中です。


カービング教室 『 BLUE (ブルー) 』
  現在、カービングを師事しています森田美穂先生のページ。
  ギャラリーページは必見です。 blog も随時更新されています。


武田和大先生の 『 BuriBariBomb 』
  saxの師匠のひとり、かずだい先生のページ。独特の世界観が発見できるかも。
  その音色は 知らない間にきっと耳にされていると思います。


鈴木巳緒さんの 『 Carving@Cafe 』
  「ブルー」 クラスメイト mioさんのページ。
  カービングについても ていねいに解説してくださっています。


モモコさんの 『 Peachest (ピーチェスト) 』
  「ブルー」 クラスメイト momokoさんのページ。
  ウェディングのお花のプロでもあります。花嫁さん(候補生も) おいでませ。


M.Tomomi さんの 『 poco a poco 』
  「ブルー」 クラスメイト tomomi さんのページ。
  ご自身のお教室のご様子やカービング作品を楽しくアップくださっています。


『 串焼きDining 鳥こまち アッパードアーズ 大岡山店 』
  メニューやお店づくりのアドバイザーをさせていただいています。
  "日本酒好き"店主による 自慢のアルコールラインナップは地鶏以上 (!?)。


お茶の『 京はやしや 』
  いとこの永原健太郎が青山店やヒルトンプラザ店などをデザインしています。
  ほっこりしたいとき よかったらお立ち寄りくださいませ。



皆さま、いつもありがとうございます。ただただ感謝です





2008.12.19(Fri) | others | cm(0) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。