リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

サロン・ド・テ


この秋は、やーっとやーっと
銀座三越内の 『 LADUREE (ラデュレ) 』 へ行ってきました。
人波も一段落した頃なのか、その日のお昼間は満席になることもなく
たっぷりゆったりサロンタイム。
(メニューの写真は下に。)

今春にオープンのプロデュースをした大阪の cafe では
流行を追いすぎないデザインで ( "NEO" ではないというか )
大人の女性がくつろげる 街中のサロン・ド・テ。
というコンセプト設定で、開店準備を進めました。

設計士の Kanemitsu さんも クラシカルなフレンチスタイルな気分だったようで
外観的には 「マリアージュ・フレール」 のようなたたずまいに仕上がり。
施工前の昭和の香りが濃厚に漂う店内が、見事に現在にトリップした瞬間でした。
某局の 『劇● ビフォーアフター』 もお墨付きをくれるかな~ て ほど。

コピー関係は ワタシの担当。大好きな 「ラデュレ」 も イメージして。
サロン・ド・テ といえば・・で 疲れ知らず テンションあげあげ ♪
2月、オープン間近で同行できなかったParis旅行へ行った友達には
ラデュレ本店の激写を託し、旬の空気をせめて写真で。

ただ メインのオーナーが
ラデュレやピエール・エルメ、マリアージュ・フレールにぴんときてくれてるかは
ちょっぴり気がかりでした


3ヵ月後。 お店を訪ねてみると
ビミョウに アメリカン・カントリーな空気が流れはじめているような (汗)
現場スタッフたちの空間が出来上がりつつあるということでしょうネ。
それはそれで生きた空間。
ビフォーアフターのアフター。
デザインについて とっても勉強になりました。

■ ところで、先週に掲載しました
X'mas tree
( こちらの日の写真です。 → ★ )
お問い合わせ下さった方のうち、直接 お渡し可能な方に
練習を兼ねて彫らせていただいております。(枝が折れやすいため)
今からも気軽にOKです ♪ (ベースデザインは森田美穂先生です。)

なお '09以降は、私の上達状況やる気次第でお願いします (笑)。


◇ ハンドメイドアクセサリーについて ◇ 
随時お受けしておりました レッスン詳細等について、
ようやく ( ! ) ブログに掲載いたしましたので、お知らせします。 
こちらです → ★

私が普段 身につけているアクセについても 応じております。
(現在資材が調達できない場合もございます。ご了承くださいませ。)


ladureetea.jpg
「マリー・アントワネット」 を チョイス。
冷めても香りが飛びません。渋みもほとんどなく、紅茶の渋みが苦手な方にもおススメ。


laduree4.jpg
レモングラスがチキンのフィレにささっていました。
温かいうちに引き抜いていただきましょう。 3種のきのこのソテー添え。


laduree3.jpg
友人のチョイスしたメイン。 ラムです。
アーティチョークのペーストが添えてありました。めずらしいですね。


ladureecake2.jpg
イスパハンなどはエルメでいただけますので、ラデュレオリジナルのを。
ローズの香りがふんわり。 香料の使い方もさすがです。

スポンサーサイト

2008.11.27(Thu) | gourmet | cm(4) | tb(0) |

オーダー & レッスン について
  ( 大輪のブラックオニキス と 革ひものチョーカー102 )
                   ベルトとしてもお使いいただけます (C)embellir2007
 


アクセサリーオーダー & レッスン について 
embellir (アンベリール) 」 では、それぞれの方にとって
アレンジのしやすい 日常使いのシンプルなアクセサリーを
ごく簡単な技術で お作りしております。

スペシャルオーダー品 および レッスンの ご案内は こちらになります → ☆

よろしくお願いいたします。









2008.11.27(Thu) | lesson information | cm(0) | tb(0) |

リユース
08xmassmall.jpg (ベースデザイン 森田美穂先生)

年下いとこの KENchan が 最近 結婚し、そのお祝いに集まりました。

参加を決められたのは前日深夜。
お祝いをもとめる時間はなく。けれども なにか気持ちは伝えたく。

幼い頃からアーティスティック (!?) な彼でしたので
早起きをして 一か八か 修業中のローズのソープカービングに決めました。
が。 彫り終えたものの、お箱のストックが・・ ない。
彫りっぱなしでは渡せないし~

「 ! 」

『おめでとう(寿)梅 』 BOX が。 あったハズ♪
(以前に写真をアップした "あのお箱" です)
サイズもぴったりで REUSE により お箱も再び日の目をみて 奇跡的に完成です。
つたない一芸も 時には身を助けてくれたのでした(汗)。

これに調子づき、先日のレッスンで彫った X'mas Tree を
母と祖母にも作成しちゃいました。 (上 写真)

シェフ主催のガラで 見事なフルーツカービングを目にし、
そんな風にテーブルを彩りたいと 彫り始めてから約2年半。
周りの方々のおかげで
少しづつですが この魅力を伝えていきたいなぁと思い始めるようになってきました。

ちなみに いとこの KENちゃんは 設計デザイナーをしています。

わかりやすい作品では
『 京はやしや 』 さんの cafe デザインなども手掛けています。
(東京では 青山店、大阪ではヒルトンプラザウエスト店 etc..)
奥さまのKeiちゃんは その旧姓・はやしやさん。
こんな御縁もあるのですね。

ほんわか 雰囲気が似ている 美男(!?)美女(!!!) お似合いの カップル誕生でした。
弟の結婚のようなテンションになり、まったくイトコバカなひととき。


◇ 『 京はやしや 』
 http://www.kyo-hayashiya.com/

2008.11.22(Sat) | carving | cm(0) | tb(0) |

ビタミンチャージ
( at night @ Zion )

澄みわたった空も
朝夕めっきり冷え込んできました。
お変わりありませんか。

気づけば あっという間に 11月。
ちょっぴり疲れもたまってきたけれども 年内にまとめたい作業もたんまり。
なのに歩速はちっとも速まらず。 しかも体調がヘン。。 ん !?

そんな日々の中
先週は 緊急入院した友人のお見舞いに行ったりもしてました。
友人たちはワタシにとって家族と同じくプライスレスな宝物。

喜んでもらえそうなケーキや本やらを持って行き アホなお絵かきごっこをし大笑いをし
元気でる~て けらけら。
病院を後にする頃には すっかり夜の帳がおり
うむ。この空気のひんやり感もここちいぃ~。

と、満足げだったのがまずかったか
今週は お仕事かたづけweek!! と設定したのが油断の根源だったか
不覚にも一昨日から久方ぶりに寝込んでしまいました。
( 音信途切れた方々すみません )

会社員生活のときには まずはなんとかラッシュにもまれてとにかく会社へ行って・・とか
目安 (!?) みたいなものがあるけれど、通勤がない今、
しかもやらなきゃやらないですんでしまうコトをしている今は匙加減がむずかしい。
自分的には相当ゆる~くやってるつもりなのだけれど。まだまだです。
きっと育児をされている方もそうですよね。

そういえば、10年来お世話になっている美容の先生は、
(注: お世話になってるのは 『美容』 ではないです (←聞いてないか (笑))
開業から一度もダウンしたことがなく(!)、その秘訣を伺うと 『 ニンジン1日1本 』 。

そこの提携先には某有名芸能人たちが いわゆるにんにく注射を打ちにきているため
「はて?」 と思いつっこんでみたところ、彼らの過酷なる職業性を解説してくださり、
やはり一般人は日々の食生活と十分な静養あるのみらしく。そうらしいです。

というワケで いまさらながらとってつけたように

休息&急速ビタミンチャージ !

どろりと濃厚なアセロラジュースに カゴメ毎日飲む野菜 (通販のがとっても濃厚で◎)、
はちみつ生姜ロイヤルミルクティーであったまって、ゆず茶も 緑茶も 飲んで、
おみかんにりんごにナシに柿。 あつ~いお風呂。
お風呂上がりには ぐぐっと にんじんジュース。 そしてカモミールティ。 シメはお白湯。

テアタリシダイ!?

休息に賭けて やっぱし寝よ~う

皆さまもどうぞご自愛くださいませ。


◇ 順造選 『 アセロラ 』   (ナチュラルハウス)
◇ 雪国育ちのおいしい人参 越後農援隊 (ナチュラルハウス)
http://www.naturalhouse.co.jp/village/
◇ 蜂蜜漬生姜 ・ ゆず茶 (成城石井)
◇ 毎日飲む野菜 ( カゴメ )
http://www.kagome.co.jp/products/ec/yasai.html

2008.11.14(Fri) | 'shoku' | cm(4) | tb(0) |

天高く 馬肥ゆる秋


・・というと、
どうしても 「ウマコユル」 → 「ヒトもコユル」 方に焦点がいきがちですが
それ以上に 「テンタカク」 を存分に満喫したいこの気候。

日本には四季があり、それぞれの愛で方は古くから伝わる通りですが、
近頃はエアコンが発達し、24時間を湿度や温度を管理されない
ピュアーな空気を感じられる時期はごくごくわずかになってしまいました。
ありがたいような。さびしいような。

だからこそ、この晩夏から秋にかけての
空気のグラデーションを 肌で 五感で まとえる幸せを
からだいっぱいに味わいたい。

ともすれば 日々気温が変動する空に
「ゲッ、今日は何を着てったらいいの~」なんて思いがち。
たしかに人に会うような外出の時には天気予報が欠かせないので
変なワタシは 外出にぴったりのこの季節こそ予定を白紙にする日をつくりたがります。

流れる風に自分を合わせ、うつろいゆくさまに
思いっきりカラダをゆだねられる贅沢を満喫したいから。

窓を全開にし、お気に入りの肌ざわり ジャージー素材のゆる~いカーディガンを
ぐるぐるにまとい、気分のままの飲み物をソファーサイドに、大好きな読書。
忙しいときほど このひとときがエネルギーチャージになるのです。
たとえ朝の10分しかとれなくっても。

そして・・ おともに ちょこっとの おいしい小菓子があればもっと素敵。
めぐりめぐってやっぱり肥ゆる秋なのでした。

上の写真は、友人からのいただきもので、まさに気分 !
庄谷 ( ショウタニ ) 『 和の心 』 。

スノーシュクレを粉砂糖ではなく 和三盆で仕上げたクッキーは
ほろほろとくずれる ほんのりとした甘さ。
もみじの透かしが入ったお懐紙にのせてみました。

お取り寄せもできるようです。
◇ ケーキハウス 『 ショウタニ 』 ◇
http://www.shotani.com/top.html

2008.11.02(Sun) | gourmet | cm(4) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。