リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

天高く 馬肥ゆる秋


・・というと、
どうしても 「ウマコユル」 → 「ヒトもコユル」 方に焦点がいきがちですが
それ以上に 「テンタカク」 を存分に満喫したいこの気候。

日本には四季があり、それぞれの愛で方は古くから伝わる通りですが、
近頃はエアコンが発達し、24時間を湿度や温度を管理されない
ピュアーな空気を感じられる時期はごくごくわずかになってしまいました。
ありがたいような。さびしいような。

だからこそ、この晩夏から秋にかけての
空気のグラデーションを 肌で 五感で まとえる幸せを
からだいっぱいに味わいたい。

ともすれば 日々気温が変動する空に
「ゲッ、今日は何を着てったらいいの~」なんて思いがち。
たしかに人に会うような外出の時には天気予報が欠かせないので
変なワタシは 外出にぴったりのこの季節こそ予定を白紙にする日をつくりたがります。

流れる風に自分を合わせ、うつろいゆくさまに
思いっきりカラダをゆだねられる贅沢を満喫したいから。

窓を全開にし、お気に入りの肌ざわり ジャージー素材のゆる~いカーディガンを
ぐるぐるにまとい、気分のままの飲み物をソファーサイドに、大好きな読書。
忙しいときほど このひとときがエネルギーチャージになるのです。
たとえ朝の10分しかとれなくっても。

そして・・ おともに ちょこっとの おいしい小菓子があればもっと素敵。
めぐりめぐってやっぱり肥ゆる秋なのでした。

上の写真は、友人からのいただきもので、まさに気分 !
庄谷 ( ショウタニ ) 『 和の心 』 。

スノーシュクレを粉砂糖ではなく 和三盆で仕上げたクッキーは
ほろほろとくずれる ほんのりとした甘さ。
もみじの透かしが入ったお懐紙にのせてみました。

お取り寄せもできるようです。
◇ ケーキハウス 『 ショウタニ 』 ◇
http://www.shotani.com/top.html

スポンサーサイト

2008.11.02(Sun) | gourmet | cm(4) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。