リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

サロン・ド・テ


この秋は、やーっとやーっと
銀座三越内の 『 LADUREE (ラデュレ) 』 へ行ってきました。
人波も一段落した頃なのか、その日のお昼間は満席になることもなく
たっぷりゆったりサロンタイム。
(メニューの写真は下に。)

今春にオープンのプロデュースをした大阪の cafe では
流行を追いすぎないデザインで ( "NEO" ではないというか )
大人の女性がくつろげる 街中のサロン・ド・テ。
というコンセプト設定で、開店準備を進めました。

設計士の Kanemitsu さんも クラシカルなフレンチスタイルな気分だったようで
外観的には 「マリアージュ・フレール」 のようなたたずまいに仕上がり。
施工前の昭和の香りが濃厚に漂う店内が、見事に現在にトリップした瞬間でした。
某局の 『劇● ビフォーアフター』 もお墨付きをくれるかな~ て ほど。

コピー関係は ワタシの担当。大好きな 「ラデュレ」 も イメージして。
サロン・ド・テ といえば・・で 疲れ知らず テンションあげあげ ♪
2月、オープン間近で同行できなかったParis旅行へ行った友達には
ラデュレ本店の激写を託し、旬の空気をせめて写真で。

ただ メインのオーナーが
ラデュレやピエール・エルメ、マリアージュ・フレールにぴんときてくれてるかは
ちょっぴり気がかりでした


3ヵ月後。 お店を訪ねてみると
ビミョウに アメリカン・カントリーな空気が流れはじめているような (汗)
現場スタッフたちの空間が出来上がりつつあるということでしょうネ。
それはそれで生きた空間。
ビフォーアフターのアフター。
デザインについて とっても勉強になりました。

■ ところで、先週に掲載しました
X'mas tree
( こちらの日の写真です。 → ★ )
お問い合わせ下さった方のうち、直接 お渡し可能な方に
練習を兼ねて彫らせていただいております。(枝が折れやすいため)
今からも気軽にOKです ♪ (ベースデザインは森田美穂先生です。)

なお '09以降は、私の上達状況やる気次第でお願いします (笑)。


◇ ハンドメイドアクセサリーについて ◇ 
随時お受けしておりました レッスン詳細等について、
ようやく ( ! ) ブログに掲載いたしましたので、お知らせします。 
こちらです → ★

私が普段 身につけているアクセについても 応じております。
(現在資材が調達できない場合もございます。ご了承くださいませ。)


ladureetea.jpg
「マリー・アントワネット」 を チョイス。
冷めても香りが飛びません。渋みもほとんどなく、紅茶の渋みが苦手な方にもおススメ。


laduree4.jpg
レモングラスがチキンのフィレにささっていました。
温かいうちに引き抜いていただきましょう。 3種のきのこのソテー添え。


laduree3.jpg
友人のチョイスしたメイン。 ラムです。
アーティチョークのペーストが添えてありました。めずらしいですね。


ladureecake2.jpg
イスパハンなどはエルメでいただけますので、ラデュレオリジナルのを。
ローズの香りがふんわり。 香料の使い方もさすがです。

スポンサーサイト

2008.11.27(Thu) | gourmet | cm(4) | tb(0) |

オーダー & レッスン について
  ( 大輪のブラックオニキス と 革ひものチョーカー102 )
                   ベルトとしてもお使いいただけます (C)embellir2007
 


アクセサリーオーダー & レッスン について 
embellir (アンベリール) 」 では、それぞれの方にとって
アレンジのしやすい 日常使いのシンプルなアクセサリーを
ごく簡単な技術で お作りしております。

スペシャルオーダー品 および レッスンの ご案内は こちらになります → ☆

よろしくお願いいたします。









2008.11.27(Thu) | lesson information | cm(0) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。