リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『 TWG 』 (紅茶)


『 Carte Blanche(カルト・ブランシュ)』 のオープン・プロデュースの仕事の1つには
メニューの構成もありました。
そこにはもちろん 飲み物も含みます。

オーナーfukayaさんの希望で 飲み物は '紅茶' をメインに設定。
さて、それをどこの紅茶メーカーに決めるか です。

なかなか悩ましい作業のはずも 不思議な縁があり すんなり決まりました、が
それはそれは 色や香り、冷めた後の飲み口etc
五感フル稼働、お腹もたぷたぷの飲み比べ。
そのたっぷたぷも お客様の笑顔の瞬間に たっぷたぷのよろこびに変わります。

そんな お紅茶。
先頃、シンガポールに住む友人から、
この夏シンガにオープンして話題になってて かつ 日本未上陸 という
『 TWG 』 の ティーバッグのギフトを いただきました。

包みの 紙やリボンも こげ茶と山吹色のリバーシブルで
開拓時代のシンガを思わせる ノスタルジックさ。
と 同時に 落ちつきをたたえた モダンシックなデザイン。
ティーサロンも それを裏切らない雰囲気で演出されているそうで、
次回の渡星には案内したいから、とのこと。

で、何を 皆さまに おススメしたかったかというと。。
↓ 
(ご覧いただけるでしょうか~)
TWGteabagsmall.jpg

ココの tea bag、100%コットンのハンドメイド。
ミシンでかがっている bag が なんとも 心くすぐる&あたたまる風合いです。

サロンには缶がずらりとならび、フレーバーは数百種類らしく (!)
量り売りも少量から可能とのこと。
今は現地でひっそり楽しみたいお店も 次々と日本に上陸してきますが
その地の空気の中で 味わってみたいお店発見となりました。

ラッフルズ・プレイスのリパブリック・プラザ内に サロンが。
高島屋デパ地下にも ショップが open したそうです。
おみやげを探されている方にも ♪

スポンサーサイト

2009.01.30(Fri) | gourmet | cm(2) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。