リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

これもラスク !?
ajisai3.jpg

カフェblog の 《 CarteBlanche@nikki 》 で、
'裏メニュー' から '定番メニュー' になった
"シフォンケーキのラスク" を ご紹介したので
こちらのページでは、myラスク ベスト3を しぼってみました。

『 鎌倉 紅谷 「 あじさい 」 』 (写真 上)

この 「あじさい」 は、スポンジケーキをうすくスライスし 焼き上げたもの。
上に散らしたスライスアーモンドを花びらにみたてて
鎌倉の町の花・あじさい を 表現したようです。

子どもの頃から大好きで、銀座三越でも
もとめられることがわかったときには ぷち感動したものです。
(今のようにネットお取り寄せが発達してなかった

ちょっとした気を遣わないお持たせによくて 常備しているものの、
ついつい私の胃袋におさまってしまう そんな素朴であま~い味。
鎌倉 紅谷 「あじさい」
http://www.beniya-ajisai.co.jp/index.html



『 イグレックプリュス 』 のラスク

"igrek" は 北野ホテルの "イグレック" です。
バゲットに、ふわふわとした生地をのせて焼き上げており、
カリカリ感と さくさく具合が絶妙なのです♪ ( あの生地はなに?? )
関西の友人に おいしいから~といただいて以来のハマりもの。
東京でも 「イグレックプリュス」 がある場所にあります。(新丸ビルや玉高etc)
パンも美味しいです♪

ただ 賞味期限が短めで 買い置きはむずかしいため
一気に食べてしまうのが 太りそう ! ご注意を~ !!
igrekplus
http://www.igrekplus.jp/


3つ目は
『 ガトーフェスタハラダ 「グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート」 』

気づいたらすっかり有名ラスク。
数年前に親からもらい my常備菓子の1つになったのがこちら。

定番の「グーテ・デ・ロワ」に ホワイトチョコをコーティングしたラスク。
冷やしていただくと さらに美味しいのです。
( 野菜室が myベスト

例年は秋~5月頃までしか販売しないため、いつも5月頃は買いだめ。
今の時期は安心して(?) ばりばりパリパリ 食べられますよ。
ガトーフェスタハラダ

http://www.gateaufesta-harada.com/app/home.html



こうしてラスクを思い浮かべてみると
なにげにパンの耳を揚げてお砂糖をまぶしたものも なつかしくなりました。
スポンサーサイト

2009.02.27(Fri) | gourmet | cm(0) | tb(0) |

宿題
heart090218.jpg



子どもの頃の 夏休みの宿題。
ささーっと 早めに終わらせて 晴れやかに休みを '満喫派' でしたか ?
それとも ずるずると 最後に焦りながら片付ける '直前派' でしたか ?

私は・・ もちろん 後者。

それも もっと 往生際わるくて
新学期すら始まり、始業式から授業開始までのあいだ
提出期限の迫った順にバタバタととりかかる常習犯でした。

そういう習慣は いくつになっても変わらないらしく
さらに範囲を広げて 度胸もすわって 今に至っています。

でで。 ちょうど今、
カービングで 3回に分けてアレンジメントを作成しており、
前回、今回と、花の数を確保するためもあって宿題が出ているんです。

前回は1か月近くも時間があったはずなのに
よけいな脇道へ 脇道へ。。 すべてのものごとが誘惑に。コレ、なんででしょうね。

結果、花よりも ソープのかけらというかけらを彫りまくってしまいました。
( 一部が写真です ↑ )

奥には~


IMGP5724.jpg

肝心の宿題 発見
まだ たりない

新しい三脚を ウキウキと使い 陽射しを求めて撮影。
この後、本番用のカービングに悲劇が待ちうけていようとは。
このときには 思いもしてなかったのでした

2009.02.18(Wed) | carving | cm(2) | tb(0) |

喜瀬別邸
09okinawasakura6.jpg

ちょっぴり 冬を小休止。

1日だけ夫の休みがとれたため、
かねてより 夫が行きたがっていた 『喜瀬別邸』 をたずねに
沖縄へ足をのばしてきました。 (下の写真です)

沖縄は サクラ前線 最前線。 ちょうど桜まつりも開かれていました。
といいつつ、上の写真は ソーキソバの待ち時間中に 軒先で撮ったものでーす。

今年も春はすぐそこまで近づいてきてることを体感できて
2月の本州の寒さも なんだか安心感を おぼえました♪

四季って あたりまえのことこそ あたりまえじゃないと 伝えてくれるようで
うつろうごとに 感謝させてくれます。

肝心の 『喜瀬別邸』
自然の「音」だけが、耳をすますと かすかに聞こえるような空間。
静謐以上の静けさが そこにはありました。

まだ open して 月日が浅いため、あまり情報がないようなので
少しだけ 下に写真をのせておきます。
ご興味がおありの方に。 ご参考まで。。
http://www.kise-bettei.jp/index.html



kisebettei3.jpg
私達はレンタカーをしましたが、空港への送迎もしていただけるそう。
(車だと許田方面からの場合、ブセナテラスと同じ交差点を左折(ブセナは右折)です)
宿泊は16歳以上。 時計をはずしてのステイを楽しみたい方に。。


kisebettei4.jpg
キラキラの朝日をあびたエントランス。
右側はゲスト専用ダイニング。 朝食はこちらにて。
夕食をいただけるレストランにはもう1つ、「ちゅらぬうじ」があります。
夜は「ちゅらぬうじ」でいただきました。

落合シェフなら東京でもーって思われそうですが、
沖縄食材をふんだんに使用しており、素材を活かしたアレンジがなされています。
もちろん 行列もナシです(笑)。

メニューはコースも設定されていますが、
ご厚意で 可能な限りリクエストにこたえてくださり、
アラカルトからチョイスし、さまざまにサーブしてくださいました。
ちゅらぬうじのリストにはない "紅イモのモンブラン" も
わざわざ素敵なプレートに仕上げてくださり
モンブラン好きには感激でしたー。 ホテルの方ありがとうございました。 


kisebettei2.jpg
ゲストルームからの眺め。眼前にはゴルフコースと、遠くに海を望めます。
ビューバスからも同じ眺望が楽しめます。


kise3.jpg
館内はそこかしこに水がたたえられています。
この場所は宿泊者専用エリア内のテラス。
岬が一望できます。 (『 ロテル・ド・比叡 』 での眺めと似ているかも !? 琵琶湖 !? )


kise2.jpg
本好きな私たちにとって 滞在先でのもう1つのくつろぎ空間となるのが、ライブラリー。
こちらではお飲物もいただけます。
窓からの眺望は、こちらも同じく グリーン&シービュー。
ついウトウトしてしまう居心地。





2009.02.05(Thu) | travel | cm(2) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。