リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

おけいファン
cover11.jpg

cafe 『 Carte Blanche 』 は、
京都と大阪をむすぶ 京阪沿線にあります。

12月号の沿線情報誌 『K PRESS』 掲載にあたり、
そういえば 関西では こゆぅいローカルCMが サラリと流れていたけれど
"あの"「けいはんのる人 おけいはん~♪」 の
おけいはんCMは その後どうなったのかしらーと
もそもそと気になってしかたなくなりました。 これもキダ・タローの魔力!?

関西在住以外の方のために ちょろっと説明しますと、
京阪電車のCMが 関西のTVではオンエアされていまして
"おけいはん" という愛称(!?) のもと
シリーズ&ストーリー仕立てになっています。

ちなみに 現在の"おけいはん" は、
鴨リバー音楽学院でバイオリンを学ぶ 森小路けい子 をはじめとする
おけいはん一家と周囲の人たちで繰りひろげられる
「音楽物語」、だそうです ((笑)←が きっと笑ってはならないのだ)
もちろん なにわのモーツアルト(!)も 登場あそばしてます。

右脳の刺激 ゆるむわぁ~


おけいファン
http://www.okeihan.net/okeifan/






スポンサーサイト

2009.11.25(Wed) | cafe | cm(2) | tb(0) |

ブノワ
先週 足をはこんだレストランのひとつは
表参道の 『 BENOIT (ブノワ) 』 。

おいしかったお店やたべものをもっとのせてと ちょいちょい言われるものの、
たべることをさらけだしてしまうと ほんっとなにも残らないおそれ大の肉食系女子
だから ひそかに徘徊いたしております

この日も明るく美しい友人たちと たのしいおしゃべり おいしい食べ物に 専心!
していましたがー

お店の方のサービスも、とってもいい間合い 距離感で
3人ともに お店ごと心地よくなってしまって
ついに最後に デザートだけ、カメラにも記憶してきました


IMGP6845-a.jpgIMGP6844-a.jpg

左;友2人がそろってオーダーしていました、
   " クレームシトロンとキャラメル マンディアンのタルト "
   表面のパリパリチョコレートとシトロンの下がタルトになっていたみたい

右;"洋梨の赤ワイン煮とマロンのモンブラン、洋梨のソルベ" (モンブラン好きなので  
   土台が洋梨のコンポートで、シャンティがフロマージュブラン、
   そしてその上に マロンクリームがしぼられている新鮮なコラボでした。


お食事の写真を撮る習慣がなくって
ラストのデザートだけの激写でしたが
どのお料理も 素材の組み合わせがめずらしく、そして絶妙な調和。

それと、忘れてはならなかったのが、この日のバケット。
ほんのりとレモンの香りがきかせてあり、
パン星人の鐘は カンコンカンコンカンコン~~♪ 鳴った~
こちらで焼かれているそうです。  これは また足をはこばなくては。


「 おいしかったね~ 」 のきもちって、
テーブルを誰とともにしたかで ぐぐーんときまる気がしています。
いつも楽しく食事をご一緒してくださる友人・知人に感謝 ♪


BENOIT (ブノワ)
渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山10階 ( 1Fが エルメのビルです )
TEL. 03-6419-4181
www.benoit-tokyo.com



2009.11.16(Mon) | gourmet | cm(0) | tb(0) |

マイブック
mybook1.jpg


新潮社がだしている、『 マイブック 』 というのをご存知ですか。

新潮文庫とおなじ装丁で、
中身は 365日の日付のみ。
日記としても雑記帳としても手帳としても 自由につかえる一冊になっています。


カフェ (「Carte Blanche」) の立ち上げ以来、
3か月、半年先といった ちょっぴりの未来を 意識づける日常になり、
その時間的ワープを続けていたら、
"今" というカレンダーと ワタシ的年月感覚 とが、
わずかに ひとつに在れてない 気がしてきていて、
それを埋められるんじゃないかという 淡い予感と、
新潮文庫の、この変わらない装丁にも ハートをわしづかまれ、
それは 昨年のちょうどいまごろ、求めてしまった。

しかしー 家に帰ってハタと気づいたのだが、
ワタシはいわゆる日記を書かない。 というか、書けない(汗)。
むしろ 日記ってみんなどんなふうにつけてるんだろうというのが、
子どもの頃から疑問だった方なのだ。 
365日の日付がきっちり印刷されてるのが ひたひたと無言のプレッシャー。
1年間白紙で終わる危機を回避して そこはテキトウ帳として認定してみた。


そして その2009年も いよいよあと50日ほど。
テキトウ帳のゆくえも気になるし、最近はよくペラペラめくってみている。


最初の頃なんかは、
どこかの占いの○×をやったであろう痕跡の「正」の字がつらつら書いてあったり
なんでか ドン・ガバチョの似顔絵が描いてあったり(ソープで彫ろうとしてたらこわい
明らかに "テキトウ"の意味違いというか、使い方を自分的に把握してない感じ。

途中からは 日々の乱読で 日々のココロに残ったコトバが書きとめてあったり
調べた内容をまとめてたり、
テキトウな字でテキトウな内容でテキトウに余白が埋まってる。
パラパラと目にとまるページも、日によってさまざま。バロメーターのような。

今日のパラパラは
" Rewrite rules, retain values. "  
ブレない人でありたい。  これはいつも




2009.11.12(Thu) | others | cm(0) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。