リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ムーミン
mumin-m2.jpg
「 え !? だれが化粧回しをつけた 横綱のようですって !? 」

ムーミンママ
急きょ 花束なぞを もたせてみたのですが

ちょうど読んでいる中の1冊が ムーミンの本で ついホリホリ


少し前のできごと、
学生時代の友人のご主人が あついムーミンファンだそうで
熱いムーミントークを 繰り広げてくれました。
その時に "ムーミンといえば (大学時代の)冨原先生だったね~"と話題にのぼり、
それすらも忘れてた今になって たまたま先生の著書の1つ、
『ムーミン谷のひみつの言葉』 をみつけました。

手にしてからわかったのですが、この本、とってもおもしろーい
クスっと笑える部分と、さらりと出るひとことが思いがけず深かったりと、
ムーミン谷には トーベ・ヤンソンの哲学がぎっしりつまっていたのですね。

前半は、全登場人物 (?) が、
印象的なコミックの1コマとともに紹介されています。
全員、きっちりキャラ立ちしていて楽しい。
ムーミンママが いかなるときにも肌身離さずもっている ハンドバッグへの
あつぅい思いも伝わりました。

後半は、やはりコミックの1コマより
物語のエピソードがつづられています。

なにげない日常、軽やかなのだけど ぐっと心にしみるムーミン谷。
一気に読み終えて、つい勢いにまかせて ママをホリホリ。

mumin-3.jpg 「 関取では ないわよ 」  
   





スポンサーサイト

2009.09.17(Thu) | carving | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://embellir2002.blog19.fc2.com/tb.php/112-b7a19b3d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。