リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

初詣みたいなもの。
kabuki1001.jpg


今月は新橋演舞場にて『初春花形歌舞伎』を観賞しました。

歌舞伎は だいたい年に数回、大学生の頃からのメンバーで
飽きもせず観に行ってますが
初詣よろしく、1月はなんとなく定番なのです

今年は すこし前にメディアをにぎわせていたこともあり (!?)
例年以上に劇場もにぎやか。
足を運ぶきっかけとしてはいいことかなと

というのも 歌舞伎のおもしろさって一体何??ってよく聞かれるものの、
お伝えすることがなかなかむずかしく感じていたから。

歌舞伎の魅力には色々ありますが、1つに、
1回ごとの公演としての"点"というみどころばかりでなく
役者さんたちの成長(歳や芸etc 人生)や、
次世代へ受け継がれていく様、つまり "線" としての流れを、
同じ時代を生きていくなかで "見守っていける"感覚というのがあります。

だから、学生時代からぴーちくぱーちく言いながら
見守ってきた友人たちとの歌舞伎談議は ほとんど親戚のオバチャンノリ

その時々に 楽しめる要素が尽きないので
よぼよぼになっても お弁当片手に
歌舞伎座に通い集うのではないかと思ってます-


初春花形歌舞伎
2010年1月26日(火)まで 新橋演舞場にて 



スポンサーサイト

2010.01.22(Fri) | others | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://embellir2002.blog19.fc2.com/tb.php/126-b8dfc7e2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。