リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

久々に。母と。
実家でお菓子作り。 モンブラン。

お世話になっている野菜ソムリエの垣淵ひろ子さんは
NHK 『旬の達人』 という料理番組にも出演されています。
9/18放送分では、"栗" をテーマに モンブランを作ったからと
東京ではなかなかお目にかかれないようなイガ付きの栗を送ってくださいました。


IMGP4179.jpg
まるでオブジェにしたくなるような 絵に描いたような りっぱなイガグリ !!
長かった夏の間にも 秋の足音は確実に近づいていたのです。

まずは急いで実家にもっていき、翌日に出直しました。
翌日 実家へ行くと、母はすでにかたい皮をむき、中身をほぐしてくれていました。
母って ありがたい ・・。

というわけで、後は楽ちん。
いつもながらテキトーレシピで
生クリームを泡立て、ラム酒を混ぜ、裏ごししたクリを投入。
生クリームを泡立てながら、「甘さはこんなものかなぁ」 とか 「かたさはもういい?」 とか
わいわい女同士のおしゃべりもしながら、味見をしながらの作業。


幼い頃、母は毎日おやつを手作りしてくれていました。
シュークリームやドーナツ、クッキーやオムレツケーキetc。。
毎日毎日、妹と3人で粉やクリームを顔につけ、こねたり、のばしたり、
時には近所のお友達も混ざってにぎやかに。

コドモゴコロとしては、他の子達が食べている袋菓子を、
自分たちも食べたくって食べたくって
作業は楽しいけど、ちょっぴりホロ苦い、複雑な気持ちだったりして。

でも いざ大人になってみると、母の想いにようやく気づき
モンブランをしぼりながら、なんだか胸までキューっとくるような。
「Kaori (妹) も呼べばよかったね~」なんて言いながら。

いざ完成。
IMGP4210s.jpg
土台はつくる時間がなく、ロールケーキにしました。

ちょうど出来上がったころ、外出していた父も帰宅し、
久しぶりに3人で三時のお茶を囲みました。
写真を見てもわかるように、母や祖母は、
家族でお茶を囲むときにもセッティングを怠らないのです。
あぁ~これが我が家のなつかしい風景。
ささやかな手作りのお菓子に、ていねいに淹れたお紅茶。

当たり前のようにしていたこんなティータイムを、
家を出て(=結婚して)10年を経るうちに忘れかけていました。
むしろ 実家に寄ると「これだから長くなるのよね~」とめんどくさがってたコノゴロ。

娘が突如持ってきたイガグリを、
なに1つ文句も言わず下処理までして待っていてくれた母。
結局「ありがとう」と言えずに家に戻ってきてしまったのだけれど
帰りの車を運転しながらナミダがあふれそうになりました。

最近 めまぐるしくて 家ではグッタリだったのですが、
この秋はていねいに生活することを見直してみよう。


長々、ひとりごとにお付き合いいただきありがとうございました。

和栗で作るモンブランは、和菓子のようなほろほろとした風味を残しておりオススメ。

今回はレシピなどはなく、味を見ながらテキトーにつくったので、
「旬の達人」 でお墨付きレシピをご参照くださいませ。
栗のお話も載っています。

『旬の達人 旬の食材』
http://www.nhk.or.jp/wakayama/recipe/080918.htm
スポンサーサイト

2008.09.29(Mon) | 'shoku' | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://embellir2002.blog19.fc2.com/tb.php/14-c9d10eb7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
21. 素敵なお母様!!
なんて素敵なお母さんなの!!!さすがまみょんさんのお母さん。栗といえば茹でてそのままいただくか、栗ごはん(実は本日栗ごはんでした)・・・という家庭で育った私にはうらやましい限り。でも確かに昔はこんないがぐりのついた栗を自分の足で踏みつけてクリ拾いしていた・・・・・なんだかそんな頃が懐かしい。田舎を出てしまったらそんな自然なことが貴重なことになってくるのよね!!!私も次はマロンクリーム作ってみよう!!!
プヨ子 | 2008.09.29 21:30 | edit
22. >プヨ子さん
栗拾いができる環境で育ったなんてとってもステキ♪

私は1回だけどこかで偶然栗拾いをしたかすかな記憶が残ってるんだけど、
家族の誰も、それがどこだったのか覚えていなかったの(>_<)
都会だと きっと「栗が落っこちてきてケガ人がでました」とかニュースになって、せっかくはえてても立ち入り禁止になるか伐採されてしまいそうよね。
さびしいね~

マロンクリームは、栗ごはんするより簡単だからぜひ!
栗ごはんをきちんと炊くプヨ子さんがさすがです。

そうそうあっという間に10月がきたー!!
楽しみにしています♪

mami | 2008.10.03 20:40 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。