リンク
プロフィール

mami

Author:mami
H8 聖心女子大 卒
在 Bangkok

H13社会保険労務士試験合格
◇リクルート『仕事の教室』
( H14.1月~12月号掲載 )
◇華道池坊 准華匠脇教授
◇学芸員

■embellir(アンベリール)主宰
あたたかさを感じられるような
"ヒト","コト","モノ" をつむいでいくお手伝いをしています。
( HPは準備中です )
海外在住につきお休み中です。

■OSAKAの cafe
『CarteBlanche カルト・ブランシュ』
開店デザイン&プロデュース、
今はweb担当です

■趣味のカービングは '06夏~
『アトリエ・マムアン』を経て
'11.09 『BLUE』卒業
現在も
コツコツほりほりしてます

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

たくさん彫らせていただき ありがとうございました。
adventz1.jpg 生徒さん作 Adventskranz アドヴェンツクランツ
                             トロッケンゲビンデの素朴な味わいが出ています


先での ソープカービングによる X'mas Tree
思いがけずたくさん彫らせていただきました。

ソープのモミの木が 森のようにずらりと並んだ姿も なかなかかわいく
1本、また1本と お嫁入り。
再び1本きりになってしまった姿には
森林伐採後のような哀愁感さえただよいはじめたので
さらに仲間を彫って植林(?)してあげようかなと思ってます。来年(笑)。

お渡しさせていただいた方々、ありがとうございました。

繰り返し製作することは
上達の上で地道な近道だとあらためてココロに刻みました。

しかし。 実はこのTree。
肝心のカービングナイフは ほとんど出番がありません。
フルーツナイフで木の形にざっくり整えた後、
表面をつややかに整える・・だけ なのです。
では 何で彫っているか わかりましたでしょうか。。


ところで、クリスマスまであと1週間弱。
上の写真は 生徒さん作の "アドヴェンツクランツ" 。
初めてトライされたのにがんばってワイヤーワークされてました。

日本在住のドイツ人から、祖国と同じような伝統的な敬虔なスタイルで
クリスマスを迎えたいというリクエストがあり、
気持ちに動かされ レッスンをお受けしました。
「トロッケンゲビンデ」 という ドイツの室内装飾花です。
今回の主題は、忠実に トラディショナルに。
質素な雰囲気がもちあじ。

"アドヴェンツクランツ" についてのお話はまた。

クリスマス本来の意味を大切にしたいものだなぁと
ちょっぴり 学生時代も思い出します



スポンサーサイト

2008.12.19(Fri) | others | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://embellir2002.blog19.fc2.com/tb.php/73-258cb75f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。